マスカラの基本
マスカラ,基本

マスカラの基本


メイクの時に、ポイントだと思っているアイテムはなんですか?
このような質問をすると一番多く答えが「マスカラ」ではないでしょうか。
たかが、マスカラ、されどマスカラなのです。
中には「何気なく使っている」という人もいるでしょうが、「マスカラ命」だと思っている人は多いと思います。
反対に「面倒だから」と使わない人もいらっしゃると思いますが、少数派ではないでしょうか。
メイクの中で実際に、マスカラは意外と重要なポジションにあるのです。

まつげを長く、濃く、ボリュームアップさせカールしてみせることのできる道具が、マスカラです。
メイクアップ化粧品の一つであるマスカラの語源はイタリア語のmaschera(英語のmask=おおうという意味)です。
水分・増粘剤・コーティング剤・保存料がマスカラの成分です。
また、マスカラのタイプは、3つあり固体・液体・クリームです。

カラーの中心は、ブラック・ブラウン・ネイビーですが、最近では様々な色も発売されており、透明のマスカラもあります。
微妙に色を組み合わせた“ダブルマスカラ”も近頃では、様々な種類が出てきています。
パーティシーズンなどでは、期間限定でカラフルなマスカラも発売されています。

マスカラの一般的な使用法は、容器に入っている液体を棒状のブラシでまつげにつけます。
カールしたまつげにしたい場合は、あらかじめビューラーでまつげに形をつけておくといいでしょう。
それから、マスカラを塗り、専用コーム(くし)を入れて整えていきます。
マスカラの種類によって、乾くまで少し時間がかかるものもありますので、先にアイラインやアイシャドウを塗っておいてもいいかもしれません。

マスカラは基本的には、簡単に落ちないものですが、雨や涙で濡れることで落ちてしまうこともあります。
そうなると、いわゆる“パンダ目”と呼ばれる目の周りが汚れてしまうことがあります。
マスカラが目の中に入ってしまうこともありますので、注意するようにしましょう。

スポンサードリンク

ページTOPへ

次のページへ
マスカラの塗り方HOMEへ

2009(C)マスカラの塗り方でアイメイク上級者に!

プライバシーポリシー