メイクの歴史
メイク,歴史

メイクの歴史


有史以前から現在まで絶えず続いてきているのが、メイクです。
実は、メイクの歴史はとても古いのです。
メイクは、古くは身近な変身道具として、宗教儀式にも用いられてきました。
エジプトのクレオパトラやツタンカーメン像を思い出してください。綺麗にメイクされていますよね。

20世紀に入ると現代のメイクは、かなり進化してきました。
合成染料・顔料・合成香料などの原料が発達してきたことが要因です。

世界的な一流ブランドである「マックスファクター(MAX FACTOR)」ご存知の方も多いのではないでしょうか?
1909年、ロシアのロイヤルバレエ団の美容アドバイザーを任されていた男性が渡米しました。
彼は、ハリウッドで演劇用品や化粧品などの店を始めます。
そこで彼は、公式な美容アドバイザーとしてハリウッド映画の発展期に活躍しました。
映画スター達の愛用品となったのは、彼が作り出すメイクアップ製品でした。
それが、マックスファクターの誕生であり、彼こそが初代マックスファクター1世なのです。

「マスカラ」や「リップブラシ」などなじみのある化粧品のほとんどは、彼が作り出したものです。
普段、何気なく耳にする「メイクアップ」の語源にも彼が大きく関係しています。
仕上がりが満足できない時に「MAKE UP(もっと美しい表情をして)」と言った言葉が、後に変化して生まれたのです。

現代では、デザイナーやクリエイターによって多種多様な化粧品が、それぞれのオリジナルの創意工夫で大量に作られています。
ヘアやデザイン衣装と合わせることで、メイクはトータルファッションとしてワールドワイドな発展をしてきました。


スポンサードリンク

ページTOPへ

マスカラの塗り方HOMEへ

2009(C)マスカラの塗り方でアイメイク上級者に!

プライバシーポリシー