マスカラの塗り方(基本編)
マスカラ,塗り方,基本編

マスカラの塗り方(基本編)


インパクトのある目元をつくることが、最近のメイクアップですよね。
マスカラは、インパクトのある目元を作るためには必須アイテムになっています。
数年で、急激にマスカラ愛用者も増えてきているようです。

マスカラの効果を最も活用するにはどうすればいいのでしょうか?
それは、簡単にできる基本テクニックをマスターすることと、自分に合った商品を選ぶことです。
ただマスカラを塗るだけでは、効果が薄れてしまいますし、時にはマイナス効果を生んでしまうこともあるのです。
ここでは、基本的なマスカラのテクニックをご紹介しましょう。

【まつげをカールさせるためビューラーを使う】
1.アゴを少し上にあげて目線が下に向くようにします。
2.まつげのなるべく根元をビューラーで、はさむようにしましょう。
3.少しずつアゴを下げながら、手首を上に返すようにしてカールをつけます。
4.ビューらを徐々に、毛先の方へ移動させカールをつけていきます。
5.これらを2〜3回繰り返しながら、毛先を整えたら準備完了。

【マスカラを乗せる】
1.ブラシを数回動かしてボトルの中の液を、ブラシにからませます。この時、余分な液がブラシに付いた場合はボトルの口やティッシュなどで落としておきます。
2.ビューラーの時と同様に、アゴを少し上に上げて目線を下にします。指でまぶたを引き上げながら、ブラシをまつげにつけます。
3.ブラシはまつげ中央の根元の上側にあてます。左右にずらしながら先の方まで塗っていきます。目じり、目頭も同様に塗っていきます。
4.次に、まつげの下側にブラシをあて、カールを押し上げるようにしながら塗っていきます。
5.ポイントは、ブラシをタテに持つこと。その際、目じりの少量の毛は外側にひっぱるようにしながら塗ることです。
6.下まつげも同様に、ブラシをタテに持ちながら左右にずらして塗ります。
7.専用コーム(くし)で、マスカラが完全に乾いてしまう前に整えていきましょう。
8.後は自分の好きな長さ、濃さになるまで繰り返せばOKです。

たかがマスカラだと思われるかもしれません。
ですが、マスカラひとつでもメイクの印象はかなり違ってきます。
基本テクニックを上手にこなして、いろんなメイクにどんどんチャレンジしてみませんか?
普段のメイクに、スパイス的な感じでマスカラの効果を活かすことで、メイクを楽しんでみましょう。

スポンサードリンク

ページTOPへ

マスカラの塗り方HOMEへ

2009(C)マスカラの塗り方でアイメイク上級者に!

プライバシーポリシー