マスカラでリフトアップメイク
マスカラでリフトアップメイク

マスカラでリフトアップメイク


「最近、まぶたが下がってきたような気がする」とお悩みの方にぜひ試していただきたいメイク方をご紹介しようと思います。
目元の印象は、普段使用しているマスカラにちょっと工夫を加えるだけで変わってくるものです。
実用的で、リフトアップ効果が簡単に実感することができるアイメイク方です。
「面倒だから」とマスカラを使用していない人にもぜひ、試していただきたいメイク方法をご紹介しましょう。

最初に用意していただきたいアイテムは4点。
ペンシルアイライナー(こげ茶)、ビューラー、綿棒、ボリュームタイプのマスカラ(ブラック)。

1.アイラインを入れる。
いつもアイラインを使用していない方でも、茶色系は肌によくなじみますので使いやすいと思います。
ラインを1本、上まぶたのきわに沿って入れます。
この時のポイントは、目尻側にいくにつれて、徐々にラインを太くすることです。ラインはやや上向きに引いていくようにして下さい。

2.綿棒でラインをぼかす。
綿棒で、先ほど入れたラインの目尻側をボカしていきます。
ボカすことで、下がり気味だったまぶたをリフトアップして見せることができます。

3.下ラインを引く。
アゴを下げて上目遣いにします。下まつげの際、目尻側1/3を目尻に向かって、アイライナーでラインを引いていきます。
こうすることで、きつい目元ではなく、元気でくっきりとした印象の目元に仕上げることができます。
ここのポイントは、リフトアップに見せるため、ラインだけではなくチーク、シャドウも全て上に向かって乗せていくようにして下さい。
これが、リフトアップ・メイクのポイントになります。

4.マスカラを乗せる。
ビューラーを使用し、まつげをカールさせます。
ブラシを横に持ち、まつげの上の面にサッと一塗りして下さい。
上まつげの下の面の目尻側に、マスカラを多めにつけるようにしましょう。
まぶたを引き上げながら根元からマスカラを付けることで、まつげが下がりにくくなります。
丁度いいボリュームの出た元気なまつげが、フレッシュで好印象を与えてくれます。

リフトアップ・メイクのポイントは、先ほども言ったとおりラインでもチークでもシャドウでも、“上へ向かって乗せる”ことです。
手間をかけずに見た目の印象が変わりますので、ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

ページTOPへ

マスカラの塗り方HOMEへ

2009(C)マスカラの塗り方でアイメイク上級者に!

プライバシーポリシー