2009年の春メイクのコツ
2009年,春メイク,コツ

2009年の春メイクのコツ


雑誌などでも、流行のメイクは季節が変わるたびに登場します。
その季節らしい色合いと、流行カラーを微妙に組み合わせることで「春夏メイク」や「秋冬メイク」は誕生しています。

春というと草木の芽生えという印象があるのでしょう。
2009年の春メイクは、桜や花を中心にした色合いのものが多いようですね。
春は新生活のスタートというイメージがありますから、色合いのフレッシュ感が季節や年度の始まりを感じさせてくれるのかもしれません。
パステルカラーに淡い色をベースにした透明感のあるメイクが「春メイク」です。
ここでは、フレッシュなカラーを上手に活かすメイクのポイントをご紹介しましょう。

淡い色のアイシャドウやパステルカラーは薄っぺらな印象を与えることがあります。
目元に乗せたら、グラデーションをつけるようにしましょう。
よくなじむペンシルタイプのアイラインを使用し、目ヂカラを効かせていきます。
ビューラーをきちんと使い、まつげにマスカラをしっかりと乗せます。
春の流行色は発色はきれいなのですが、その分、目元が浮いてしまいがちなので、メリハリをつけるため、マスカラとアイラインを強めに入れるのがポイントです。
抜け感を出すため、目元にホワイト系を足します。
ペンシルのホワイトが、重くなりがちなアイシャドウやマスカラを軽い印象にしてくれます。
他にも、ホワイトパールのシャドウを目頭に乗せると、爽やかな印象になります。
少しホワイト系が乗っているだけでも目元がスッキリして見え、抜け感もプラスされますのでお勧めです。

たくさんの出会いが期待できる春です。
第一印象で素敵な人だと思われ、次に会ったときはまた新たな好印象を与えられるようにメイクをしてみませんか?

スポンサードリンク

ページTOPへ

マスカラの塗り方HOMEへ

2009(C)マスカラの塗り方でアイメイク上級者に!

プライバシーポリシー